本白根山登山道 入山規制のため立入禁止

冬になり、「本白根山はレベル1だから登れると聞いた」とか「SNSに写真が投稿されているから登れると思ってきた」という方が多数いらっしゃいますが、入山規制のため立入禁止は継続中です。
イベント情報・お知らせにも掲載はしておりますが、
本白根山は平成31年4月5日噴火警戒レベルが「1」(活火山であることに留意)に引き下げられました。
これに伴い地元自治体よりレベル1における警戒区域の設定がされ、火口周辺において突発的な噴火等への安全対策が必要なため火口中心から半径500m圏内を警戒区域として立入禁止の規制となります。
登山道についても当面の間、入口での立入禁止の規制となります。
ご迷惑をお掛けいたしますが安全面を考慮した判断となりますので、ご理解ご協力をお願いいたします。
また、万座温泉は硫化水素の強い場所があります。特に冬は登山道も雪に覆われ道が分からなくなります。本来の登山道を外れますと硫化水素がの強い場所に近づいてしまう危険性があります。
高濃度の硫化水素は臭いがする前に意識を失います。
スノーシュー等で立ち入ることは大変危険行為となりますので、皆様のご理解ご協力をお願いいたします。