万座温泉の冬

万座の冬は、一面の雪と温かな温泉の季節です。一面の銀世界が日常の自分を解き放してくれます。
標高1800mのパウダースノーは、スキーやスノーボードを楽しむ人には最高のプレゼント。
そして、雪に囲まれた温泉は、寒さで冷えた体が癒され本当に最高の悦楽です。
露天風呂で頭に積もる雪もまた格別。ぜひ雪見の露天風呂をご堪能ください。


▲万座といえば「粉雪」が代名詞 ▼ご家族で楽しめる温泉

イベント情報

12月 万座温泉スキー場オープン
グリーンシーズンが終わり12月に入るとあたり一面雪景色になり、いよいよ本格的なスキーシーズンの到来となります。
スキー場のオープンの儀式もおごそかに行われます。
海抜1,800メートルの別天地には、アスピリンスノーがいっぱい変化に富んだ地形を利用した、緩急長短のスロープや名物の林間コースがあります。
12月31日 薬師堂越年カウントダウン
大晦日には薬師堂でカウントダウンのイベントが行われる。
午前0時の時報とともに初詣の為、薬師堂前に長蛇の列ができます。
1月 どんど焼き
小正月に村境などで行う火祭りで、門松・竹・しめ縄・ダルマ等を集めて、やぐらを作り焚きます。
群馬県名産のお蚕の繭に似せて、米の粉で作った繭玉をやぐらの火であぶって食べます。
やぐらの煙にあたり、また繭玉を食べると一年間風邪をひかないといわれています。
温泉
スキーの後は温泉。定番のようですが、これが一番。 凍りついた頬に温泉がやさしい。
風呂上がりのタオルも髪の毛もたちまち凍りつくけれど露天風呂もやめられない。
最高に気持ちのよい万座の温泉。
▲このページのトップへ